クオレの児童発達支援とは発達支援・療育ついて

児童発達支援について

東京都認定豊島区の児童発達支援事業所

児童発達支援とは

児童発達支援とは、心身の成長や発達に心配のある子どもが日常生活や社会生活をスムーズに送るための支援活動のことです。
発達障害の子どもを持つ親御さん(さま)の中には、どのようにしたらこの支援を利用できるのかお悩みの方も多くいらっしゃいます。

児童発達支援の対象者

対象となるのは、心身の成長や発達に心配のある就学前の子どもです。
療育手帳(障害を持っておられる方が、様々な支援やサービスを受けるために必要な手帳) は持っていても利用可能です。
児童相談所や市町村保険センター、医師などによって療育の必要性があると判断された場合には、通所受給者証を申請して通所することができます。

児童発達支援で受けられるサービス

サービスの内容については、施設によって異なります。集団生活への適応訓練が基本となります。
そのほかにも地域の保育園などへの訪問や連携、家族に対する相談支援などのサービスを行っている事もあります。
児童発達支援管理責任者、指導員、保育士が療育にあたります。

療育について

クオレの療育

療育とは

一般的に療育とは、障害のあるお子さまが、社会的に自立できるように取り組む治療と教育のことです。
生活への不自由をなくすよう専門的な支援プログラムに則り、言葉や身体機能などに遅れの見られるお子さまが生活しやすくなるようにサポートすることです。
療育は早期療育が効果的であると言われています。そのためには早期発見が重要となります。

目的

子ども一人ひとりの個性を理解し、子どもたちの内在する力を引き出し、能力の向上を図り、それを社会自立できるよう支援することを目的とします。

療育を選ぶポイント

  • 何のために(療育を行う目的)
  • その療育施設が何を目的としているのか
  • 目的同士が合ったところを選ぶこと

クオレの療育について

東京都認定豊島区の児童発達支援事業所クオレの療育

クオレの療育

クオレでは、一人ひとりの課題や困りごとに応じて、個別支援計画を作成し、様々なアプローチから必要な支援を行います。
特に「ことば」を大切にし、ことばによるコミュニケーションを促せるように働きかけます。
療育での様子や日常生活での様子を保護者さまと共有しながら、お子さまへの理解を深め、ご家庭や幼稚園、保育園等での生活がより、充実したものになるようお手伝いさせていただきます。

他の子に比べて苦手な事や分からない事を一つずつ、または小集団で教え、できることを増やし、集団生活で適応できるように支援します。
遊びの中で、人との関わり方、人に言葉で伝える方法を学び、ルールを覚えていきます。
生活の基本動作がスムーズにいくように訓練していきます。
療育本来の意味である「その子が暮らしやすいように練習をする」事をクオレで見つけていきましょう。

手続き~ご費用について

ことばとこころの教室クオレ 東京都認定 児童発達支援事業所

療育施設の見学・ご相談 随時受付中
受付時間|9:00-16:00